大逆裁2(ネタバレ含)

ついに逆裁2が出ましたね!

前作品で付箋をバラまくだけバラまいてぐっちゃぐちゃにしたあげく逃亡したので
僕としてもこの作品が出るまで1に対して駄作としての最終的な結論をあと1歩下せない作品でした。。


だがしかし。



今回はよかった!!




中々中にいい作品でした。
以降ネタバレ




















・見所さん
全作品のここはよかったねーって部分はそのままにぐっちゃぐちゃに1で散らかしたであろう付箋を
本作品で見事に9割型回収しています。ストーリーとしての良さは3や6のラストにも劣らない良さであり
いいゲームだなーとか思った所存
1からのネタバレがすっごい多いので駄作だとしても是非1からプレイすることをおすすめします。
答えはもう発売されているんだもの。


・前回のモヤモヤ点を全面的に削減および排除

前回のどうしようもならない点としてシャーロック・ホームズが主な重要人物を占め
出てきた事件は「単なる事故」だった、とか「殺意が明確ではない」ため犯人が発覚した後の流れが
どうにも微妙だったとかいう点辺りはしっかりと殺人や意図を持った殺意での犯行に代わっていました

後前回の多すぎた最終弁論とそれによる明らかな陪審員キャラの使いまわし感。
どうにも多すぎたのか今回は抑え目になっていましたね。やはり何度も判決をコロコロさせるのは
よろしくないし全面的に削られました。ただし陪審員キャラの3Dアクションはしっかりと健在であり
そのあたりこのソフトに力を注いだんだなーって感じはありました。

その辺りいつもの逆裁にしっかり戻ってくれたなと。

事件の難易度とかは置いておいて最後に成歩堂が貰ったアレがどう今のキャラに繋がるのか
とかは付箋回収されなかったからその辺は何とかしてくれるのかなぁ…

銭湯

最近TLでめっちゃすごいスーパー銭湯がある!みたいなツイートを見まして
これは銭湯マニアたるぺっとさんも行かないといけないなって思ったんですよ…

家周りの銭湯でマシなのが1件、ただ高い…
荻窪の方にも1件めっちゃいいのがあるらしいのですが2000円オーバーは当たり前みたいな
日常で利用出来なさそうな奴なのでそっちはまだ試してないです。。。

という訳で話題になってたのがこいつ。
→「ひだまりの泉 萩の湯(http://haginoyu.jp/)」
入浴料金
大 人 :  460円

追加料金
サ ウ ナ :
120円 (平日)
170円 (土日・祝日)
タオルセット : 70円

秋葉から電車で10分、徒歩3分くらいの所です。ゲーセンやった後なんかにちょうどいいなーって
思ったんでりむぺったんと遊びついでにソロでそろそろ~っと行ってきました。ソロだけに。
なお最短ルートで内側から行こうとすると完全にラブホ街にぶち当たります
ちゃんと正規の道から行こう!

何も持ってなくてもタオルセットで530円、普通ですね
受付をすませいざ浴場へGO

あっ…あっ!!!
新しい!!!!綺麗!!!

そう何を隠そう5月下旬にオープンしたばっかりなのでまだ新しいんですよね
すげー綺麗。そして広い。

メイン浴槽3つ+露天+水風呂+サウナみたいなシンプルな構成なんですが
メイン浴槽の端っこにアトラクションバスがついているみたいなパターンの銭湯でした。

個人的に感動したのが
電気風呂のパターンが豊富なのと水風呂に下から湧いてくる泡が搭載されていたことですかね
水風呂って大抵水流が止まっているので動かないとだんだん慣れてくるみたいな所があるんですが
ここの水風呂泡があるので動いてなくても恐ろしいスピードで体が冷えていきます。やばい。

露天風呂はそこまで露天っぽくはないかなーって感じでしたが最低限風通しはあったのと
光マイクロバブル湯とかいう最新の凄そうな化学の力を利用した風呂があったので楽しめました。
いいお湯でした。隣接している食事処も割とおいしいらしいのでまた行ったときにでもレポートしたみ



後職場が変わったので最近こっそりFF15の新たなる王国を始めました。
クラクラみたいなゲームですが600円でクラクラでいう生産機能が2倍みたいなチート機能があるので
そこだけ課金すると割と楽しくやれると思います。クソゲーですが電車でやることが欠落していたので
もうちょっとやってみたいと思います。
他国語対応でどの国の言葉でも日本語に翻訳してくれるのでその辺の領地にのさばってる韓国の
ギルドに乗っかって適当に遊んでます。
FFシリーズですがスクエニが出してるわけじゃないのでガチャも何もありません!安心できる!!!
ただクソゲーです(大切)

シャドバ かみがみ考察

・エルフ
OTKエルフ
→今回追加されたクリスタリア・エリンとエルフクイーン、
ジャングルの守護者の登場により徹底的な遅延行動が可能に。
リノセウスのパーツが揃うまでに延々と遅延を行うことが出来る。
特にエリンは進化込回復守護で11点引き延ばすことが出来、
人喰いの庭でアグロの動きを完全にシャットダウンすることが可能なため
前回の確定フィーナよりは速度が落ちたものの安定した動きを取りながら
ゲームを進められる。

・ロイヤル
トムロイヤル
→トムさんが考案したロイヤル。バリューロイヤルとでも言うべきか
全体的にアグロ寄りにまとめたロイヤル。一枚一枚が疾走・突進を持つだけでなく
ルミナスメイジを絡めた進化権の乱用が出来るのが最大の特権。

ローラン採用型
デュランダルでダメ4以上は喰らわないためオーレリアやファングスレイヤーと
相性がいい。なお蛇にぶん殴られバハムートに破壊される模様

・ウィッチ
超越
→改善点はほぼ無し。環境を読んでいけるか。

・ビショ
イージス
出されたら普通に強い
生半可なデッキだと序盤も簡単に防がれてしまうので9ターン以内にどうにか
しないとならないのが今回の環境の課題

セラフ
イージスを無視して勝てる唯一無二のデッキ
見直しで再復権は十分にありえそう

・ドラゴン
ランプ
ニュートラル強いってことはドラゴンが強いってそれ一

・ネクロ
やっぱり11点ぶっぱがヤバい
ゴミカスが沢山並ぶとリーパー骨風神にハメられるので
アグロ使用でマッチしてもさっさと盤面止めることを推奨

しゃどうばーす リノコン表

5コス
(リノのみ)
1コス+1コス+1コス+リノ=4点
1コス+1コス+1コス+リノ進化=6点

(リノ、0コスあり)
0コス+1コス+1コス+1コス+リノ=5点
0コス+1コス+1コス+1コス+リノ進化=7点

6コス
(リノ、導き)
1コス+リノ+導き+リノ=6点
1コス+リノ+導き+リノ進化=8点

(フィーナ進化、導き)
0コス+1コス+リノ+導き+リノ=8点
0コス+1コス+リノ+導き+リノ進化=10点

(リノ、エルプリ進化、導き)
0コス+0コス+1コス+リノ+導き+リノ=10点
0コス+0コス+1コス+リノ+導き+リノ進化=12点

7コス
(リノ、導き)
1コス+1コス+リノ+導き+リノ=8点
1コス+1コス+リノ+導き+リノ(進化)=10点

(フィーナ進化、導き)
0コス+1コス+1コス+リノ+導き+リノ=10点
0コス+1コス+1コス+リノ+導き+リノ(進化)=12点

(リノ、エルプリ進化、導き)
0コス+0コス+1コス+1コス+リノ+導き+リノ=12点
0コス+0コス+1コス+1コス+リノ+導き+リノ(進化)=14点

(リノ、リノ、エルプリ進化、導き)
0コス+0コス+リノ+導き+リノ+リノ=14点
0コス+0コス+リノ+導き+リノ+リノ(進化)=16点

(エルプリ進化、フィーナ進化、導き)
0コス+0コス+0コス+1コス+1スペル+リノ+導き+リノ=14点
0コス+0コス+0コス+1コス+1スペル+リノ+導き+リノ(進化)=16点

(リノ、エルプリ進化、フィーナ進化、導き)
0コス+0コス+0コス+リノ+導き+リノ+リノ=17点
0コス+0コス+0コス+リノ+導き+リノ+リノ(進化)=19点

8コス
(リノ、エルプリ進化、フィーナ進化、導き(進化なし))
0コス+0コス+0コス+1スペル+リノ+導き+リノ+リノ=20点

(リノ、エルプリ進化、フィーナ進化、導き、白狼0コス根源(進化なし))
0コス根源+0コス+0コス+1スペル+リノ+導き+リノ+リノ=盤面全返し20点

Lostrage

今期みてたアニメが終わったので感想。

☆前回と違う点
・キャラクターの一新
・セレクターに男がいる
→この辺りに関しては初めに大きな懸念を抱いていた人も多かったのかなーと思いつつ
前者はしっかりとしたストーリー構成
後者は男を最終的に全員女に変えてしまうという超絶手法で視聴者を丸め込んだかなと思います。

問題無く見れました。


☆前作から期待されていた何か
・百合要素
カードゲーム販促メインのアニメでありながら1期を超える十分な百合要素有。「「満点」」。

・カードゲームしないカードゲームアニメ
今回も全話見ましたが詳細なルールまでは分かりませんでした…(汗
どちらかと言うと1期より個々のキャラが何を持っているか、という解説に軽く触れつつ
しっかりと尺に収めてストーリーを進めていったって感じ
1期のような銀魂の必殺技なしバトル並のバトルではなくてその辺り今回は割とバトルしていました。
やっぱりクソレズビッチベルセルクのインパクトが大きかったですね。
すず子のオーネスト自体も扱いに自由性があったのはアニメとして大きい要素だったのかもしれません。


☆アニメとして
・作画
今アニメーターが不足している!とか世間で騒がれていますが前半はそこまででもなく、
7~10話辺りが割と顕著だった最終回になるにつれ気合入れ直したか割とカード要素が強かったかの何か
ブレッブレの作画の数秒後にめっちゃ気合入ったバナナマフィンの絵が出てきた時は正直笑った

・ストーリー、キャラクター
2期もあるのでここで全てを評価するのは間違っているのかもしれないが現時点での評価として。
ストーリーもキャラクターも概ね満足はした
ただ、10話で1期との繋がりがある、とだけ明示されてそこまで彼女が暗躍したわけでもなく、
(1期繋がりでなくても新規で出しても何の問題も無かったのではという話)
1期との繋がりって必要なのかなーとか思わせぶりな展開になってしまったのはマイナス。
後最終話については2期が始まってからまた評価したい。何故あんなエンドにしてしまったのか。